私が妊娠線について気になったのは二人目を妊娠した時でした。
その時、妊娠5ヶ月の時にちょっとお腹のあたりが大きくなってくるのでその時に発見したのです。
それを見た時、これが言われている妊娠線かと思ったのです。
ラッキーなことに、一人目の時にはそんなに目立っていないので私はできないかもと思っていたのです。
そんなことがあるはずがないのですが、そのときは思っていたんですね。
そのため、二人目の多分大丈夫だろうと思っているところがありました。
しかしがっちり、腹部に出来てしまったのです。

その時の感情としては、やっぱり見られると恥ずかしいと思ったことが事実としてあります。
妊娠をするということは、とても嬉しいことですがそのことと、自分の体の変化をできるだけ少なくしたいと思うことがあります。
その一つとして妊娠線もできないほうがいいと思っていたので、出来てしまったことにちょっとショックでした。
そしてできるだけ目立たないようにしたいと思ったのです。

インターネットで調べたり、友人にきいたりしてわかったことはその妊娠線について対処する方法があるということでした。
私はそんなことはないと思っていたので、あると知った時は嬉しかったですね。
そして対処したいと感じました。
その方法というのは、妊娠線を防止することができるクリームを塗ることです。
妊娠中も安心して使うことができる妊娠線専用のクリームがあります。
それを使って改善させることにしました。

早速買って使ってみると、最初は特に変わりはありませんでした。
皮膚に線が出来ているので、その線が薄くなることも期待したのです。
しかしその効果としてすぐに現れることはありません。
しばらくつけることにより、その線を薄くさせることができるのです。
また妊娠線というのは、肌が乾燥することによりなりやすいということもわかりました。
そのため妊娠線ができやすい部位に、積極的に塗ることにしたのです。
その部位は、太もも、腹部、腕などです。
その部位は体重が太った時に、特に肌が広がってしまう部位ですね。
その部位につけて、肌の乾燥を防ぐことにしました。

その結果、なんとか広がることは防げたと思っています。
また新しい妊娠線もできなかったので、お腹のところだけで食い止めることができたのはそのクリームのおかげと思うことができました。
それは、とてもよかったと思っています。
妊娠をして、自分の体の変化を少しでも止めることにつながったと思っています。

⇊こちらのサイトをご確認下さい。⇊
妊娠線

関連記事

    None Found