運動をしていなくても、腹筋を美しく鍛えてくれることができるVアップシェイパーのEMS機能。

そんなEMS機能はどうやって使うことができるのかをここでザックリ説明しますね。

■見出し
EMSって何?

先ずEMSについてですが、それは振動を送ることができる機械だと考えてもらえればOKです。

もうすこしだけ詳しく説明しますと、弱めの電流の信号が筋肉に振動をして、筋肉自体がまるで運動をしているかのごとく動かすことができるものなのです。

このような説明を聞きますと、きっと大掛かりな機械を想像するかもしれませんが、『VアップシェイパーEMS』のEMS装置はけっしてそんな大げさなものではありません。

実はものすごいコンパクトな大きさになっています。

どのくらい小さいのかといいますと、人差し指一本ぶんというところでしょうか。

ですので、Vアップシェイパーを身に着けていても全然邪魔にならないのです。

しかも使い方は指一本でポンとスイッチを押すだけで完了です。

■見出し
周波数はいろいろあります

スイッチひとつで振動となる周波数が送られるのはイメージできたと思いますが、でもその周波数ってどんなものなの?って思いませんか?

VアップシェイパーEMSに使われる周波数は下記のようなかんじです。

・低周波(200Hz)
・低周波と中周波の混合
・中周波(3000Hz以上)

あんまり詳しく説明すると難しくなっちゃうので、今はだいたい上記の3パターンの周波数が使われているんだな程度の知識で充分です。

まとめると、手軽に装着もできるし、指一本で動かすことができるんですよ!ということです。

参考:vアップシェイパーems 口コミ

関連記事