太陽光発電は賢く導入するとメリットが多いのですが、きちんと検討した上で導入しないと失敗してしまう可能性もあります。
具体的な失敗例として、太陽光発電で複数社に見積もりを出してもらったまではよいものの、よく分からないからと一番安いということで選んでしまったことによる失敗です。
そういったところで選んでしまうと、修理や点検などのアフタフォローや扱えるメーカーが充実していない業者である可能性があります。
通常よりも太陽光の設備が維持できない状態で、性能が良くなく発電量が少なかったり、施工方法がいい加減ですぐに故障してしまうといった不備が生じてしまうのです。
逆に、訪問セールスの業者の言いなりで依頼してしまい、本来もっと安くできたのに見積もりを良く検討もせずに契約してしまい、高い金額を支払ってしまったという失敗パターンもあります。
太陽光発電では、発電設備を設置して実際に発電をすれば、各自治体などから補助金が出る仕組みがありますが、自治体によっては補助金が打ち切りになっている可能性があります。
補助金について事前に調べずに、出る前提でのシュミレーションで導入し、後から補助金が出ないと分かり、それが大きな損失となってしまったという失敗例もあります。
補助金の申請は業者がしてくれますが、その申請をしてくれない業者であったことによる失敗パターンもあります。
導入前の検討材料として、必ず業者から発電量のシュミレーションが提出されます。
そのシュミレーションがいい加減であると、月々の返済額より売電収入の方が多いというシュミレーションを信じて導入を決めたものの、現実にはシュミレーションした発電量に届かず、月々の収支はローン支払額の方が売電収入の方が多くなってしまい、マイナス収支となってしまった話もあります。
そして、激安価格を売りにしてる業者に多く見受けられる失敗例として、工事終了後、ソーラーパネルを設置した部分の屋根から雨漏りがしたので調べてみると施工ミスで屋根に穴が開いてしまっていることが発覚したパターンです。
さらに酷いのは業者が補償を求めても施工の保証はついていないと対応してくれなったりといったこともあるそうです。
自然災害によって太陽光発電施設自体が壊れてしまうことがあります。
自然災害を想定していなかったり、中には手抜き工事によって強度が不十分なことが原因で台風などで壊れてしまうこともあります。
保険に入っていない場合だと、修理する金額も捻出できずにローンだけが残るといった悲惨な事例もあります。
よって、太陽光発電による失敗はさまざまな事例があります。
失敗しないためには、しっかりと見積もりを出してもらうことや、立地条件を確認すること、自然災害などで壊れにくいメーカーを選ぶこと、もしもの時に備えて太陽光関連の保険に入ることも失敗しない為の有効な方法とも言えます。
太陽光発電導入の際、に失敗しないポイントとして、ある程度太陽光に関する事前知識を持っておくこと、そして、信頼できる業者選びをすることです。
そこさえ間違えなければ大きな失敗をすることはないと言えるでしょう。
詳しく太陽光発電について書いてあるのはこちら⇒太陽光発電 失敗

関連記事


    太陽光発電を設置する場合、積雪から守る「雪対策」をしっかりすることが必要です。 太陽光発電の雪のトラブルには、落雪被害、雪場での屋根損傷、発電量の低下が挙げられ、特に落雪被害は人命や損害賠償に直結する…


    これから太陽光発電を導入しようと思っている人の中には太陽光発電を導入する事で生じる事になる電磁波が気になるという人もいるかと思います。 ですが、そこまで電磁波を気にしなくても良いです。 確かに太陽光発…


    太陽光発電に対する投資は、海外の複数の国や地域で本格的なものとして見受けられているのではないかと考えられています。 自然由来のエネルギーとして現在多くの地域で関心を集めるものとなってきつつあり、高い頻…


    ″太陽光発電″は太陽電池を取り付け太陽の光で電気を作り、その作り出した電気は家庭で使用するか、電力会社に買い取ってもらうシステムとなっています。 平均的に家庭で消費する電力量は年間3600kWhと言わ…