外壁塗装をする時に色選びで失敗しないコツを説明したいと思います。

参考: 失敗 外壁 色選び

白、黒は汚れが目立ちやすいために、外壁塗装には向いていない色になるのです。
一般住宅の外装は経年劣化とともに、確実に汚れがついてしまう上につきはじめる時期が長いので汚れは目立ちにくい色を選んだ方がいいでしょう。
真っ赤、真っ青などの原色係の色に関しては経年劣化で色紙薄くなっていくという事を配慮する必要があります。
色が薄くなっていくと、古びた感じに見えるのです。
また、個性は控えめにして周りの色を見ながら調和の取れる色を選びましょう。
個性を主張するのは目立たないところだけにして、基本的には多くの家の中の一つ、構成要素を確認しましょう。
色選びの最初は、家の周りを散歩して地域の色を見て街になじむ色を考えてみましょう。
周りの風景に溶け込めるような落ち着いた色、自然よりも目立たない色がいいいでしょう。
派手な色、奇抜な色、個性的な色を選びたい方もいるとは思うのですが、基本的に家の色は落ち着いた色にして方がいいのです。
外壁に塗った後に色を選ぶのを失敗したと後悔してからでは、遅いのです。
そのため、じっくり自分で考えて失敗しないようにしましょう。

関連記事


    家を建てる時に家の顔でもある外壁の色はとても悩むと思います。 後で後悔しないようにしっかり色の選び方を知って自分の好みの家に仕上げていきましょう。 まず、自分の好きな色で選ぶのか、それとも周りの家に色…


    threebooks

    みなさんは、外壁塗装を行ったことはありますか? なかなか、外壁塗装をするなんてことは多くないとおもいます。 ですが、何かをきっかけにひび割れしてしまったり、塗装が剥げてしまったりするかもしれません。…