春にニキビが悪化しやすいってご存じでしたか?

ニキビが新たにできたり、できたニキビの症状が進んだりしやすい季節、それは春です。
そういえばそうだったな・・・と経験がおありの方もいらっしゃるでしょう。
せっかくの新年度、新学期、新しい環境なのに!と鏡を見ながら嘆いた方も多いはず。

なぜ春にニキビができるのか、悪化するのか、主な理由は2つあります。

1つ目は花粉です。
春に大多数の人が苦しめられ、対策グッズも数多く販売され、前年まで大丈夫でもいつなってしまうかもしれない、あの「花粉症」の元凶である花粉。
花粉はニキビにも悪影響を及ぼすのです。

花粉はニキビにも悪影響を及ぼします

そもそも花粉症とはアレルギー疾患です。
人の免疫システムが肌に付着した花粉のことを寄生虫だと認識して攻撃を開始して、本来何も冒されていない正常な細胞を誤って傷つけてしまうという疾患です。
仕組みは鼻炎や結膜炎と同じ。

特にアトピー性皮膚炎の方は要注意。アトピーも春に悪化すると言われていて、その理由は免役システムがうまく働いていないからです。
ということはニキビに対する耐性も弱くなっているので、アトピーの方がニキビを発症したりなかなか治らなかったりする可能性も高まっているのです。

環境の変化によるストレスにも要注意!

春ニキビのもう1つの理由はストレスです。
ストレスによってホルモンバランスが正常ではなくなり、男性ホルモンの影響で角栓や皮脂が多くなりニキビが悪化する・・・
これは季節に関係なく起こることですが、日本の場合、特に春は入学や入社などがありストレスが溜まりがち。
この理由も大きく影響しています。

ルフィーナについて、詳しくはこちら⇒ルフィーナ 口コミ

関連記事


    「跡が残るからニキビを潰すのは絶対NG!」というのが定説ですよね。 でも、白ニキビを見るとついつい潰したくなってしまうという人は結構いると思います。 でも、なんと白ニキビに関しては、潰すのが絶対NGと…


    ほとんどの人がだと思いますが顔にはお金と時間と手間と労力をかけてスキンケアを行いますよね。 しかしお尻となるとほとんどの人がお金も時間も手間もかけていません。 しかし、温泉などで他人から見られたりする…