今歯のホワイトニングがとてもブームになっていますよね。
ところではははのは 口コミはもう読みましたか?
芸能人の方は皆あのホワイトニングをやっているとの話も聞きますし、何より歯がきれいだととても清潔感が高まり印象がとても良くなります。
実際に歯を白くするには着色の原因や種類により適切なアプローチが変わってきます。
最近ですと自宅にいながらいつもの歯磨きをするだけで1ヵ月程度で歯を白くさせるアイテムも色々と発売されてきています。
歯医者さんに行って歯のホワイトニングをするのもよし、自宅でホワイトニング商品を使って歯のホワイトニングをするのも良いです。
ご自分の歯の黄ばみの原因をしっかり認識した上で適切な方を選んで下さいね。

歯の黄ばみの種類は?
何があるかといいますと
原因は様々ですが、大きく分けると外因性の黄ばみと内因性の黄ばみに分ける事が出来ます。

歯の黄ばみの原因としてまず外因性のものを見ていこうと思います。

外因性の黄ばみの原因として主にタバコや、コーラ、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどの飲食物による着色があげられます。
これらの飲食物が歯の表層のエナメル質に付着する事によって生じます。
初期段階の着色であるならば、歯磨きや歯の表面のクリーニングにより結構簡単に、歯の黄ばみを落とすことが可能です。
しかし、長い期間で染み付いてしまった着色はエナメル質表面に色素が染み込んでしまっていることがあるので歯磨きやクリーニングで落とすことがすごく難しくなります。

次に歯の黄ばみの原因として内因性のものを説明していこうと思います。
内因性の黄ばみの原因は加齢によるものと、薬剤主に抗生物質によるものが考えられます。
加齢による原因として考えられる事は人は歳を重ねるごとに歯の表面にあるエナメル質が徐々に薄くなってしまいエナメル質の下の牙質と言われる黄色っぽい層が透ける事により歯が黄色っぽく見えてしまうようになります。

その内因性の原因に薬剤によるものが挙げられます。
どういうことかといいますとテトラサイクリン系という種類の抗生物質を歯の形成期だいたい0~12歳に使用することにより歯の内部にある象牙質が黄色やグレーに変色してしまうことがあるのです。

以上の事が歯が黄ばんでしまう原因となります。
原因を知ることによって対策もできると言うこともありますのでまずはしっかりと原因を認識しておきましょう。

関連記事

    None Found