sunset

プラスデオの泡立ちを調査!生クリームを髣髴とさせるトロンとした泡に大満足!

個人的な事ですが、わたしがプラスデオで特にオススメしたい点は「泡立ちの良さ」なのです。
何はともあれ泡立ちが優れているので、カラダをキレイにするのが面白くなるんですよね。
手のひらに乗らない量の泡がアッという間に出来ました。
これくらい泡立ちが良かったら、ひとつで1ヵ月とのことですが1ヵ月半~2ヵ月ぐらいは維持しそうです。
更に泡のクオリティも素晴らしいんですよ。
あたかも生クリームではないかと思えるぐらい濃くてトロンとした泡。
泡であるのに重みがあるような気がします。
ただの小話でございますが、この香りは正式には「ケルンの水」という名の香りだとのことです。
なんと、ナポレオンが好んだ香りなんだそうです。

プラスデオのウィークポイントは……

浴室へ赴くと、浴室の床に放ったらかしにしていたプラスデオが予想外に溶けているわけです。
オーソドックスな石鹸と比較対照すると目に見えて消耗がはやい……。
思い返せば、手にした時、とてもソフトな石鹸であるとは感じていたんですが、よもやこれほどまでとは……。
ちょっぴり心配になったもんで、「サントリーウエルネスのお客さま係」に電話を掛けてその事情を質問してみることにしました。
「基本的に、市販の石鹸とは違ってソフトに開発されているんです。皮脂の酸化をくいとめ、加齢臭を生むノネナールに吸着する為に4種類ものポリフェノールを出来る限り組み合わせています。そういう理由から組織的にどんなにしてもソフトにしないといけないんですね」
サントリーウエルネスのオペレーターさんはそんな感じに親切丁寧に話してくれたのです。
急ピッチで、近所にある100円ショップまで出向いて、石鹸の容れ物を買い求めました。
プラスデオが不要の時は、ムダにお湯に当たらないようにした方がよいと思われます。

洗浄してみたらこんな風でした!

さて、プラスデオで身体を洗浄してみます。
石鹸そのものからとっても素敵なシトラスの香りが致します。
冊子を読むとドイツのケルンで生まれた「ケルンの水」と名付けられている香りを採用したとのことです。
浴室中に高貴な香りが広がりました。
お湯を加えながら手拭いにゴシゴシすると簡単に泡が立っていくのです。
これ以上ないほどいい気持ちとなって鼻歌を歌いながら身体をキレイにしました。
洗浄以後も、わざとらしくないうるおい感が継続しています。
皮ふに膜が張り付くといった感じはしません。

プラスデオはマツモトキヨシなどのお店で販売してない

プラスデオを購入することができるのはインターネット販売以外にありません。
加齢臭が心配になった時、ダントツに気軽にできる改善案は消臭ですよね。
肉や揚げ物が多い食生活を見直すことや有酸素運動を取り込んで汗が出やすいカラダにし体臭を抑止する取り組みをとっととスタートしなければいけません。
ではありますが、実際効き目が見られるのは何ヶ月も先のこと。
その期間で加齢臭をまき散らしたとしたら第三者が迷惑するでしょうし、ひょっとするとそんなわけでで交流関係がメチャクチャになってしまうことだって想定されるのではないでしょうか。
営業に支障がある人も出るでしょう。
それ故、早い内に加齢臭の改善をしなければならないのです。
消臭のテクニックとしては、通常の消臭剤を用いるのが気軽でオススメです。
塗りつける型のアイテムや吹き付ける型のアイテムまで多種多様ですが
ご自身の好みでセレクトして何の問題もありません。

関連記事

    None Found