シミに効く成分として1番注目されている成分が「リン酸型ビタミンC誘導体」です。
メラニン抑制作用に優れていることで、使用し続けることでシミを撃退、予防してくれる成分です。
この他にも、シミに効く有効成分は色々あります。
まず「APPSビタミンC誘導体」です。
より浸透率が期待できる成分で、従来のビタミンC誘導体をはるかに上回る濃度で角質層に浸透し、ビタミンCが本来持つ美容パワーを最大限発揮してくれる成分であると言われています、「フラーレン」という成分もシミに効く成分の1つです。
肌年齢を加速させるさまざまな原因に対してサポートしてくれることが期待できる成分で、そのパワーはビタミンCの約125倍とも言われています。
エイジングケアを目的とした基礎化粧品にも使われている成分です。
日焼けによるシミへの予防として効果が期待できます。
「ハイドロキノン」は表皮に存在してるメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの生成を抑制します。
また、チロシンという成分からメラニンを作る過程もブロックすることで、徹底的にシミを予防していくことが期待できる成分です。
「プラセンタエキス」は豚の胎盤から抽出された成分で、フラーレンと同じくエイジングケア化粧品によく使われる成分です。
メラニン生成によるシミを防いでくれる効果が期待できる成分です。
日焼けによるシミだけでなく、肌年齢が気になる方にもおススメな成分です。
こちらにシミに効く成分について詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒シミに効く 成分

関連記事